文化祭で彼女は作るには?大学の文化祭でナンパで出会いを見つける!もっと出会える方法も!

恋愛・彼女作り

大学の文化祭なら出会いがあるのでは?と考えている男性の方は多いでしょう。たしかに大学の文化祭は女子の数も多く、やり方次第で出会いを見つけられる場所です。

では、そんな文化祭でどのようにしたら女子と出会うことが出来るのでしょうか。

今回の記事では文化祭で出会いを作る方法やメリットとデメリット、文化祭以上に出会える方法についても解説していきます。

文化祭で彼女を作る方法

文化祭で彼女を作るためには、まず出会いを作るために行動しなければなりません。ナンパをして積極的に女子に話しかけて仲良くなれるように努力する必要があります。

必ず2人組で参加する

まず文化祭に行くときに気を付けるべきことは何人で行くかです。1人で行くのは問題外です。基本的に文化祭にいる女子大生は複数人で行動していることが多いです。1人で行動している女子は非常に少ないので、1人で文化祭に行っても声をかけるのは非常にハードルが高くなってしまいます。

では何人で行くのが1番いいのか。それは2人組が最適です。文化祭にいる女子大生の多くは2人組なのです。大体8割近くの女子は2人組だと思って良いでしょう。そうなると男側も2人組の方が声をかけるハードルがかなり低くなります。1人で2人組に声をかけるには厳しいですし、2人組に3人で声をかけても誰か余ってしまい良くありません。文化祭で出会いを作るには2人組に参加しましょう。

お洒落で清潔感のある服装は大事

ナンパをするとなると、やはり第一印象は外見で決まります。イケメンならそれだけで評価は上がりますが、そうでなくても服装をお洒落で清潔感のあるものにしていくだけで問題なく女子とのライン交換はすることが出来ます。

服装に関してはブランド物で固める必要はなく、安くても大丈夫です。それよりも雑誌のコーディネートを参考にして服装を選びましょう。最近ではwearというアプリで素人の方のお洒落なコーディネートを大量に観ることが出来るので、その中から自分が気にいあるコーディネートを探して真似してみるのも良いでしょう。服装はお洒落なコーディネートの真似でいいのです。

くじけずに何度も声をかけ続ける!

正直文化祭で声をかけてもいい反応がもらえないことは多いです。無視されたり、適当にあしらわれたりすることも多いです。ただ、これでくじけて諦めてしまうと彼女は作れません。本当に彼女を作りたいと思っているのであれば、くじけずに何度も繰り返し声をかけ続けることが大切なのです。逆に言えば、声をかけ続けることが出来れば高い確率でラインを交換できる女子を見つけることは可能です。

一緒に文化祭を回れば後に繋がりやすい

文化祭にいる女子大生はかなりの男たちからナンパされます。そのため、もしラインを交換出来たとしても、その後ラインを送ったら返事がなかった、ということになるケースは多いです。ではきちんと後に繋げるためにはどうしたらいいのか?

それは一緒に文化祭を回ればいいのです。

長時間一緒にいることでより強く自分のことを女子に印象付けることが出来ますし、そうすればラインの返事も高い確率で返ってきます。文化祭なら「一緒に屋台で何か食べよう」と言えば簡単に行動を共にできます。

ラインがダメならインスタの交換もアリ!

女子大生の中には多少警戒してラインは無理と言ってくる女子も少数派ですがいます。そのような場合はラインではなくインスタの交換をしましょう。ラインはダメだけど、インスタなら大丈夫だよというパターンは結構あります。インスタであっても普通にダイレクトメッセージでやり取りすることが出来るので、連絡には困りません。ただ、インスタをやっていないという男性は、文化祭に参加する前に登録してプロフィールを作り、いくつか写真を投稿しておきましょう。

文化祭で出会いを探すメリット

他の場所とは異なり、文化祭だからこそのメリットもあります。どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

好みの外見の女子と仲良くなれる

文化祭で出会いを探すことのメリットは、好みの外見の女子と仲良くなれる可能性があるということです。ナンパですから、自分の好きなヴィジュアルの女子に声を掛けられます。合コンなどのように相手を選べないということはありません。こちらが選ぶのです。なので、自分のタイプの子、可愛い子がいたらどんどん声をかけていきましょう。驚くほど可愛い女子や美人女子大生と仲良くなれるチャンスがあるのは非常に大きな利点です。

街中のナンパよりも警戒されない

ナンパというとどうしても軽い、怪しいという印象が強いです。ただ、街中のナンパに比べて文化祭での声掛けはそこまで警戒されません。街中のナンパだと普段から街で声をかけているのだろうと思われることが多いですが、文化祭のようなイベントだとナンパされてもそこまで警戒することは少ないです。なので、ナンパだから怪しまれて仲良くなったり、彼女を作るのは無理だろいうと考える必要は全くありません。

若い女性の割合が非常に多い

大学の文化祭だと必然的に女性の年齢層は若くなります。1番多いのは女子大生で20歳前半の人の割合が高いです。これだけ若い女性が集まるイベントは他にはないでしょう。同年代の彼女が欲しいという大学生の男子や、年下の彼女が欲しいと思っている社会人などは文化祭に出会いを見つけに行くことはオススメなのです。

文化祭で彼女は作れるけどデメリットもある

文化祭で彼女を作ることは可能です。ただ、メリットがある反面、デメリットもあるのでそこの部分も理解しておきましょう。

昔に比べて文化祭でもナンパの反応は悪くなっている

昔は大学の文化祭というとナンパで連絡先を交換するのは非常に簡単でした。その頃は1度文化祭に行けば20近くの連絡先を手に入れることも可能だったのです。ただ、今は事情が違います。文化祭でナンパする人が増えたため、全体的に女子のナンパへ対する反応は確実に悪くなっているのです。ちょっと可愛い女子大生なら10歩も歩けばナンパされます。それも次々に声を掛けられるので次第に対応するのが面倒になってしまい、反応も悪くなるのです。

たしかに街中のナンパよりも怪しまれずライン交換もしやすいです。ただ、以前の文化祭に比べたら無視する女子がかなり増えたのは事実です。難易度は年々上がっているのです。

他の女子に声をかけているところを見られる可能性がある

文化祭という限られたフィールドの中では同じところをぐるぐると回って声をかけることになります。そうなるとよくあるのが、前に声をかけてラインを交換した女子に他の女子に声をかけているところを目撃されるということです。もしこの場面を見られたら、確実にそのご連絡が返ってくることは無いでしょう。ただ、これに対する有効な予防策はありません。他の女子に声をかけているところを見られないように祈るか、ラインを交換したら文化祭から撤退するかのどちらかでしょう。

個人的にはもしタイプな女子とラインを交換したらそのまま文化祭から撤退して良いと思います。そのまま文化祭にいてももっとタイプな女子とライン交換できる保証はありませんし、声をかけているところを見られて後に繋がる可能性を0にしたくないですからね。

遊び人女子も少なくない

これはどのような目的で文化祭でナンパをするのかにもよりますが、遊び人の女子も一定数いるのは事実です。とりあえず男とラインを交換して、その中からタイプな男と遊ぼうと考えている女子です。こういう女子が求めているのは恋人というよりも遊び相手なので、男側も遊び相手を見つけたい場合は良いですが、彼女を見つけたいと真剣に考えている男性にとってはあまり良い出会いとは言えないでしょう。

文化祭でラインを聞いた後は早めにデートをしよう

文化祭で女子とラインを交換出来て、その後返事が返ってきたら早めにデートに誘いましょう。なぜ早めがいいのかというと、

  1. 時間がたつとこちらの印象が薄れてしまう
  2. 他の男デートする可能性がある
  3. ラインがグダグダになって男のイメージが悪くなる可能性もある

こういった理由から早めに飲みや食事に誘うべきなのです。

デートに誘う場合はストレートに「今度ご飯でも食べに行かない?」という感じで問題ありません。女子大生のように若い女子なら、多少お洒落なダイニングバーなどに連れて行ってあげると喜んでくれますよ。

もし相手がお酒が飲めない、20歳になっていないという場合はお洒落なレストランやカフェで食事をするという流れにしましょう。

マッチングアプリは文化祭よりも効率的に出会える

文化祭で出会いを見つけることは出来るし、彼女を作ることも可能です。ただ、その難易度は年々上がっていて、真面目な出会いのためにナンパをしに行っても何も収穫なく帰ることになる可能性だって十分にあるのです。正直あまり効率が良いとは言えないでしょう。

効率的に出会いを見つけるにはマッチングアプリ

マッチングアプリは文化祭よりも効率的に出会いを見つけることが出来ます。大学の文化祭は若い女子が多いですが、マッチングアプリにも20代前半の若い女子は沢山登録していますし、むしろアプリの方がその数は比較にならないほど多いです。

そしてマッチングアプリは出会いの効率がとても良いです。少ない労力で多くの女性と知り合えるので、時間があまりない社会人も積極的に利用するべきでしょう。

文化祭とマッチングアプリの比較

文化祭とマッチングアプリを出会いの場として比較してみました。

 文化祭マッチングアプリ
女の子の数多い非常に多い
難易度高い低い
費用無料約3000円
効率非効率効率的

こうして見ると費用はマッチングアプリの方が高いですが、飲み会を1回我慢すればこれくらいの費用なら出せるでしょう。文化祭も無料ではありますが、交通費とか出店で何か買ったりすると数千円使うこともありますからあまり変わらないかもしれません。

女性の数も難易度の低さも効率の面でも全てマッチングアプリが勝っています。

これはマッチングアプリの方が文化祭よりも優れた出会いの場だということなのです。

まとめ

文化祭で出会いが見つけられるというのは本当です。ナンパをして声をかけ続ければ、ラインを交換してデートできる女子もいるでしょう。上手くいけば彼女を作ることも可能です。

ただ、文化祭での出会い方はナンパしかなく、あまり効率的でもありません。そもそも上手くナンパが出来ないという男性の方が多いでしょう。

そんな文化祭で出会いを探すよりも、マッチングアプリの方が効率的に女性と出会えるので文化祭よりもマッチングアプリで出会いを探す方がよほど簡単に彼女を作れるはずです。

彼女を作れるマッチングアプリ・Pairs



Pairsの特徴
会員数が1000万人以上しており数多くの出会いを見つけられる
真剣に恋活・婚活をしている女性が大勢いる
セキュリティも万全なので安心して利用できる
サクラや業者がいない

Pairsは非常に会員数が多い日本でも有数のマッチングアプリです。1000万人以上にもなる会員のうち女性の割合は40%と女性の利用者が非常に多いのです。

アプリ自体が恋活・婚活を強く勧めているので、利用者の大半が真剣に恋活・婚活をしているので彼女を作るには最高のマッチングアプリと言えるでしょう。

彼女が欲しいという男性には非常にオススメなマッチングアプリです。

Pairsに登録するにはこちらから【Pairs】(R18)

コメント

タイトルとURLをコピーしました