デートをドタキャンしてしまった後の挽回方法!改めて会う予定を立てるためには?

恋愛学

マッチングアプリで知り合った女性とのデートをドタキャンしてしまった!

そんな男性は少なくないはずです。

こうなるとその女性とは二度と会えないだろうと思うのが普通ですよね。自分がされたらやっぱり気分悪いですし、もう会うことは無い!とブロックしてしまう事だってあり得ます。

しかし、デートをドタキャンをしても別の日に改めて会えるケースもあります。

今回はどのような女性であればドタキャンをしても再度会える可能性があるのか、改めて予定を立てる際のポイントなどを解説していきます。

マッチングアプリでデートをドタキャンしても別日に会える可能性はある

マッチングアプリで知り合った女性とのデートにどうしても行けなくなってしまった場合、泣く泣くキャンセルするしかないですよね。理由は様々ですが、仕事などが入っていしまった等のどうしようもない場合はデートに行けなくても仕方ありません。

この場合、男性側としては「どうにか別の日に改めて会えないかな」と思うのは当然でしょう。

ただ、マッチングアプリでデートをキャンセルをしても別日に改めて会うことは可能です。

実際、デートをドタキャンしてしまったけれど別日に会うことが出来て、その後恋人にまで発展した人も少なくありません。

「ドタキャンしてしまったから絶対にもう会えない」こう考えるのは早いです。まずは相手にきちんと理由を説明して、再度会う約束を取れるように努力をするべきです。

しかし全てのケースで可能性があるというわけではありません。どのようなケースで再度予定を立てて会える可能性があるのかを見ていきましょう。

どういった女性なら再度約束を取って会うことが出来るのか?

では、どのような場合ならドタキャンをしても再度会える可能性があるのでしょうか。

相手の女性との信頼関係が築けている場合

デートをドタキャンしてしまった場合、まず大切なことは相手とどれだけ信頼関係を築けているのかということです。

マッチングアプリである程度の期間しっかりとメッセージのやり取りをしている場合は信頼関係が築けている場合が多いので、ドタキャンをしても別日に会える可能性はあります。

例えば1ヶ月毎日メッセージのやり取りをしている相手だと、1回くらいのドタキャンは許してもいいかなと思う女性もいるのです。


前にデートの当日にドタキャンされたことがあります。19時待ち合わせだったのですが、13時くらいに「どうしても仕事で行けなくなった」と連絡が来て・・・。最初はとても残念でしたが、それまで1ヶ月ほど毎日連絡を取っていたので、別の日でいいからちゃんと会ってみたいという気持ちがあって。結局次の週に会って食事に行きました。(28歳女性)


男性が女性にとってタイプだった場合

男性が女性にとってタイプの男だった場合は、ドタキャンをしても別の日に会える可能性はあります。マッチングアプリでタイプの男性と知り合えた場合、女性はとりあえず会ってみたいという考えが強くなります。

そのため、ドタキャンをされてもまたタイミングがあれば会いたいという気持ちがあるのです。


普段出会いが無かったのでマッチングアプリを利用したのですが、そこで外見も中身もタイプな男性を見つけました。ただ仕事が忙しい人で、デートの予定も1度キャンセルされてしまいました。普通だったらもう連絡すらしないところですが、タイプだったので誘われたら改めて会ってもいいと思ったんです。(25歳女性)


ドタキャンされた女性ともう会えないパターン

次に、ドタキャンしてしまった場合もう会えないと考えられる女性の反応を紹介します。キャンセル後にこういった反応だともう会える可能性は低いので諦めて他の出会いを探す方が良いです。

・連絡してもスルーされる

キャンセルの連絡をしてから連絡が無いパータンは、完全にアウトです。連絡をしてもスルーされている時点で「あなたとはもう会う気はない」ということになります。基本的にデートをキャンセルされたら相手は怒るのが普通なので、ある意味当然の反応ではあるでしょう。

既読スルーであろうが未読スルーであろうが、返事がない時点で諦めるほかありません。キャンセルされた時点でブロックをして違う男を探し始める人は多いです。

・短文の返事しか来なくなる

キャンセル後に連絡をすると一応返ってくるというケース。それでも明らかにそれまでのテンションとは違う短文の返事が返ってくると限りなくアウトに近いです。

全く返事が返って来ない場合よりはましですが、それでもここから再度会う約束までもっていくのは非常に難しいです。この場合、何度かやり取りをしても短文しか返って来ない、こちらへの態度が冷たくなっているメッセージが続くようであれば諦めるべきでしょう。

このドタキャンではNG!もう会えないキャンセルの仕方

再度予定を立てられるかどうかは、ドタキャンの仕方にも左右されることがあります。以下のようなドタキャンは完全NGなので避けるようにしましょう。

・連絡をしないでドタキャンをした場合

連絡をしないでドタキャンをするのは最悪なケースです。仕事で忙しくて連絡する暇がなかったという言い訳も通じません。ドタキャンされてその上キャンセルの連絡すらなかったら、女性は「非常識な男でもう二度と会うことは無い」と思うはずです。

・約束の時間の直前のドタキャン

約束の10分前とか、直前のドタキャンも非常に印象が悪くなるので再度会うことは難しくなります。直前だと女性はもう待ち合わせ場所に来てるはずなので、そんな状況でキャンセルされたら高い確率で女性からの連絡は返って来なくなるでしょう。

ドタキャンをした場合に別日に会うための対処法

では、ドタキャンをしても別日に会うためにはどうしたらよいのでしょうか?2つのポイントがあるので、それらをしっかりと理解しておきましょう。

ドタキャンした日から少し時間を置く

キャンセル後も相手から普通にメッセージが返ってくるようなケースでも、急いで次の予定を組もうとすると失敗してしまいます。女性は少なからず傷ついていますし、多少怒っている場合も多々あります。

大切なことはきちんと謝罪をしてから少し時間を置くことです。

そこで、次の予定を立てるまでは少し時間を置くべきです。最低でも5日ほどは空けると良いでしょう。少し時間を置くことで相手の気持ちを落ち着かせて、ドタキャンされたという事実をリセットさせることが出来ます。

予定を再度立てる際は女性にメリットとなる要素を追加する

少し時間を置いてから再度予定を立てる際は、女性にとってメリットとなるものを追加するとOKをもらいやすいです。

例えば、

「今度改めて食事に行かない?○○ちゃんの好きなイタリアンのお店を見つけたんだ!」

「また会う予定を立てたいんだけどどうかな?前回ドタキャンしちゃったから次は奢るよ!」

このように、相手の好物が食べれるお店をチョイスしたり、デートの費用は男性が持つということを伝えて女性にメリットを感じさせれば改めて予定を立てられる可能性は高くなります。

逆に何の工夫もなく「来週ご飯行こうよ」とだけ送ると、女性としては誘いに乗るか迷ってしまうので良くありません。

女性の立場に立って、どのような誘い方ならOKしてくれるかを考えることは大切なのです。

まとめ

ドタキャンしたくなくてもしてしまったという経験は多くの男性がしたことがあると思います。

せっかくマッチングしてメッセージのやり取りを経て、ようやく会えるという段階まで来たのに、そのチャンスが無くなるのは辛いはず。

ただ、全てのケースでドタキャン相手の女性との関係が切れるわけではありません。女性との関係性や、相手からの男性に対する食いつきによっては再度会う予定を立てられる可能性も十分にあります。

  • ドタキャンした日から少し時間を置く
  • 予定を再度立てる際は女性にメリットとなる要素を追加する

ドタキャンした後も連絡が普通に返ってくるようなら、この2つのポイントは意識して再度誘ってみましょう。

もしそれでもダメだった場合は、いつまでもその女性に固執せず再度マッチングアプリで新しい女性との出会いを探す方が良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました