最初の1通目メッセージの返信率アップ!返事が来ない事態を回避する対処法【マッチングアプリ】

マッチングアプリ

マッチングアプリで気になっていた女の子とマッチングしたのに、1通目から返事が返ってこない!

そんな悩みを抱えている男性は少なくないと思います。せっかくマッチングしたのだから、メッセージもしたいですよね。

実際、マッチングアプリでマッチングしたのにメッセージが返ってこないというケースはよくあります。こういった事態を避けるために、1通目のメッセージで入れるべきポイントとNG行為をまとめました。

この記事を参考にして1通目のメッセージを作れば、確実に返信率はアップするはずです。

返事がもらえる1通目のメッセージ

返事がもらえる1通目のメッセージを作る上で心掛けるべきポイントをまとめたのでチェックしていきましょう。

メッセージの形は【共通点・自己開示・質問】

最初に、1通目のメッセージの形は以下の3つを入れて作ることが大切です。

  • 共通点
  • 自己開示
  • 質問

この3つのポイントを入れてメッセージを作ることで、確実に返信率はアップします。おそらく「よろしく!」とただ挨拶をするメッセージよりもはるかに高い返信率が期待できるでしょう。

①共通点を入れることで親近感を感じさせる

人は相手との共通点が多ければその分親近感を感じ仲良くなりやすいです。自分と似ていると思わせることで、この人ともっと仲良くなりたいと感じさせるのです。そのためにも、1通目のメッセージにお互いの共通点を入れ込むことで、2人の類似性を高めることが出来て返信率も上がるというわけです。

②自己開示をすることで相手を安心させる

初対面の人が相手だと、少しでも自己開示をして自分のことを知ってもらうことで安心感を与えることになります。これはマッチングアプリでのメッセージでも同じで、最初のメッセージで少しでも自己開示をした方が相手に安心感を与えて返信率も上げることが出来ます。これは自分のプロフィールに書いてあることを書いても効果があります。

例えば出身地。どの人のプロフィールにも出身地は書いてありますが、それをメッセージで改めて伝えることで自己開示の効果は強くなります。それに、相手の女性が自分のプロフィールを隅々まで見ているとも限らないのですからね。

③質問をして返事がしやすい文章にする

普段の会話でも質問を入れた方が会話が弾みやすいですが、これはマッチングアプリのメッセージなどでも同様です。何も質問が無いメッセージだと、相手の女性にどう返事をするべきかを考えさせることになってしまいます。これは相手の女性を困らせてしまうだけでなく、返事を送ることに対して無駄な労力を使わせてしまう事にもなります。そうすると「なんか面倒だな」「質問がないから何て返せばいいかわからない」と思われて返信率が下がります。

質問を入れれば、相手の女性は返事が非常にしやすくなります。とりあえずその質問に答えるだけでも返事としてはOKなのですから当然ですね。気持ち的にも楽にメッセージを返すことが出来ます。この質問は1通目のメッセージには必ず入れるようにしましょう。

特に相手の趣味に関しては質問がしやすいので、そこを重点的に見て質問を考えると良いでしょう。

相手の名前を入れることで返信率も上がる

1通目のメッセージでは相手の名前も入れるようにしましょう。それがマッチングアプリ用の偽名であっても、自分の名前を呼ばれるのは嬉しいものです。おそらく多くの人が偽名でしょうけれど、そこは気にせずに名前をメッセージに入れていくべきです。

逆の立場で、初対面の人に自分の名前を呼ばれると親近感を感じ、嬉しくもなります。女性に対してもこうした感情を持たせることで返信率を上げることが出来ます。

感情豊かな文章を心掛ける

なるべく1通目のメッセージから感情豊かな文章を心掛けましょう。例えば文章の終わりに「笑」を入れたりすることで、自分の感情をよりしっかりと伝えることが出来ます。多用しすぎなければシンプルな顔文字を使ってもいいですね。

ただ、顔文字に関しては何回も使ったメッセージを作ってしまうと女々しい感じの文章になってしまうので、逆に返信率を下げることになってしまうので注意が必要です。

返信率が高いメッセージの具体例

では実際にどのようなメッセージを作ればいいか、具体例を見ていきましょう。

はじめまして!埼玉の大宮出身の○○です。※①

△△さんはスキューバーダイビングが趣味なんですね!自分も今年ライセンスを取って沖縄で潜りました!※②※③

といってもまだ1回しか行けてませんが(笑)※④

今年もどこか潜りに行きましたか?※⑤

仲良くなれたらと思うので、よろしくお願いします。※⑥

※①自分の出身を入れて自己開示をする。
※②相手の名前を入れて親近感を感じさせる。
※③同じ趣味の話題を入れて共通点を作りだす。
※④(笑)を入れて感じの文章で感情を豊かに。
※⑤質問をきっちり入れます。
※⑥最後の文章に関しては必ずしも入れる必要はありませんが、より真面目な印象を与えたいのであれば入れておくと良いでしょう。
このメッセージならばかなりの確率で返信を貰えることが出来るはずです。まずはこれをテンプレートとして、相手のプロフィールに合わせて細かいところを変えてメッセージを作ってみましょう。

返事が来ないNGな1通目のメッセージ

次に1通目のメッセージで返信率が下がるNG行為についてチェックしていきましょう。

すぐに連絡先を交換しようとしてくる

まずやってはいけないのが連絡先の交換を1通目で打診することです。いきなり「ライン交換しましょう!」と送っても、返信率は低いです。女性側もいきなり連絡先を聞いてくる人に拒否反応を感じる人は多いので注意しましょう。

ただ、例外としてペアーズで「マッチング後ライン交換OK」などのコミュニティに入っている場合などは早い段階での連絡先交換はOKです。

何通も送ってくる

最初から連投でメッセージを2通以上送ってくる人は女性に「しつこい人」という印象を与えるので、これも返信率は下がります。2通送るなどの連投はあまりしないとは思いますが、もし心当たりのある方は今後は止めるように気をつけましょうね。

絵文字や顔文字がいっぱいある

絵文字や顔文字が沢山使ってあると「女子か!」と思われてしまいます。それに男が沢山の絵文字や顔文字をいきなり使ってくると「ちょっと怖い」「癖が強そう」というマイナスイメージを与えてしまうことも。そうなるとやはり返信率は下がってしまうことになるので、最初は使っても顔文字1個とかにしておきましょう。

質問が多すぎる

1通目のメッセージで相手に質問をすることはとても大切なことですし、返事をもらう上で非常に重要です。ただ、質問を沢山することは止めましょう。1つのメッセージの中に質問を複数入れてしまうと、ガツガツしている印象を与えてしまい相手が身構えてしまいます。1通目のメッセージに限らず、質問は1つのメッセージに対して1個にしましょう。

最初からタメ口

最初からタメ口のメッセージを送ることも返信率が下がる原因となります。いきなりタメ口で話しかけられて嬉しい人は少ないですよ。中にはタメ口でもOKという女性もいますが、プロフィールにでも書いていない限りそれを見分けるのは無理です。なので、最初は敬語で話すのが無難ですし、リスクもありません。

ヤリモクだと思われるメッセージ

真面目に出会いを探している女性に対してヤリモクだと思わせるようなメッセージを送ったら、返事が返ってくる可能性は非常に低いでしょう。ホテルや下ネタなどを連想させるような単語などは絶対に入れないようにするべきです。マッチングアプリではヤリモクの男はかなり嫌われるので、そういった男だと思われないようなメッセージを作ることも必要です。

最初のメッセージでこちらの印象を良くして返信を貰いましょう

マッチングアプリでせっかくマッチングしたのに、最初のメッセージが適当だったり返信率を下げるようなことをしてしまっていると返事が思うように返ってきません。マッチングしたのにやり取りが出来ないのは非常に勿体ないですよね。

そうならないために、今回の記事でも紹介した以下のポイントをしっかりと押さえて1通目のメッセージを作りましょう。

  1. 共通点・自己開示・質問を入れる。
  2. 相手の名前を入れる。
  3. 感情を豊かにする。

これだけでも返信率はとても上がるはずなので、1通目のメッセージで返事が無くて困っている人はこれらの点を意識してメッセージを作るように心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました