合コンが苦手な男の彼女作り!合コン以外で出会いを作る方法とは!?

恋愛・彼女作り

男女の出会いの場として昔から盛んに行われているのが「合コン」です。

実際に合コンで出会って付き合ったという人もいますし、私の知り合いでは結婚までしたカップルもいます。

ただ、誰もが合コンに積極的に参加をしているかというとそうではありません。

合コンが苦手な男性も多いはずです。

最近ではお酒を飲まない人が増えてきたり、インドアな趣味に没頭する男性の増加で合コンから距離を置いている人は多くなっています。

でも合コンくらいした女性と出会える場が思いつかない・・・そんな心配をしている男性もいるかもしれません。

ですが、安心してください。

正直、合コン以外でも女性と出会えますし彼女も作ることが出来ます。

そこで今回は合コンが苦手な男性の特徴と、合コン以外での女性との出会い方をご紹介します。

合コンが苦手な男性の特徴

合コンが得意な男性と不得意な男性の違いは「内面」にあります。つまり性格的な面が理由で苦手と感じてしまうのです。苦手な男性にとって合コンは行く前から憂鬱なものです。

「誘われたから行くけど、本当は行きたくないな」

「飲み会は得意じゃないけど、行かないと出会い無いしな」

と最初から合コンに対して消極的な姿勢になってしまいます。そんな男性はなぜ合コンが苦手なのかを詳しく見ていきましょう。

とにかく人見知り

まず多いのが人見知りの性格が原因のパターンです。

特に学生時代から目立たず、あまり恋愛経験が豊富ではない男性に多い傾向にあります。合コンだと参加者の半分は初対面の場合がほとんどですし、友達の友達が参加したりしていると同性でも初対面というケースもあります。

そうなると人見知りの人にとっては楽しい場ではなく苦痛しか感じない空間となってしまいます。そうなると当然出会いどころではなく、早くこの時間が過ぎてくれ!と思ってしまいます。

大勢の飲み会だと委縮してしまう

人見知りではなくても、大勢の飲み会になってしまうと委縮してしまいうまく話せない人もいます。

初対面の人でも2人きりなら問題なく話せるのだけど、複数人になるとなかなか話に入っていけないという人です。他の人達が楽しそうに話しているのを見て、自分も会話に入りたいがどこで入ればいいのかわからない、頑張って入ろうとしてみたけど結果会話に入れなかったという経験がある人は多いでしょう。そういう人は合コンに苦手意識を持っていることが多いです。

性格が内向的で周りのノリについていけない

合コンの多くはみんなでワイワイと楽しく飲むことになりますが、性格が内向的で大人しい男性は周りのノリにもついていけず苦痛に感じてしまいます。

他の人達が高いテンションで会話をしていると、ノリについていけないことで置いてきぼりをくらい、輪から外れる形になります。そうなると女性陣にも「ノリが良くない」「楽しそうじゃない」といった悪い印象を与える結果になってしまうのです。

普段からテンションが高く明るい人には合コンは適していますが、内向的で落ち着いた性格の人にとっては苦労することが多いです。

友人の前で女性にアプローチするのが恥ずかしい

人見知りでも内向的でもないけれど、友人の前で女性にアプローチをするのがどうも苦手で恥ずかしいと感じてしまう人も合コンには向いていません。

周りの目を必要以上に気にしてしまったり、変にプライドが高い人にありがちです。周りからは気にせずにアプローチしなよと言われても、なかなか簡単にはいかないでしょう。これでは気になる女性がいても仲良くなって次のデートにつなげるのも難しくなってしまいます。

周りの男性に気を使ってしまう

気を使いすぎる人は同性の男にも遠慮をしてしまう傾向があります。

例えば友人の男性が自分と同じ女性を気になっている場合、自分から身を引いてしまうのです。本来であれば友人で会っても気になる女性から簡単に身を引くのではなく、お互いにアプローチすればよいのです。選ぶのは女性側なのですから。結果がどうであれ、本当の友達ならその女性がどちらを選ぼうと友情にヒビは入らないはずですよ。

ただ、そう思っていてもどうしても周りの男性に気を使って女性を譲ってしまうという人は、やはり合コンには向いていないのでしょう。

合コンが苦手な男は女性に好印象を与えられる

合コンが好きではない、苦手だという男性もそのことで落ち込む必要はありません。女性によっては合コンが苦手だという男性の方が好印象だという人も多くいるのが事実です。

女性は合コンに参加する男性をチャラいと考える

真面目に出会いを探している女性に多いのですが、合コンに参加している男性に対してチャラい、軽い男性だというイメージを持っている人も少なくありません。

飲み会が好きで頻繁に合コンに行っている男性はただの遊び相手を探している遊び人だと決めつけている女性もいます。たしかに男から見ても合コンに沢山参加をしてる男性はチャラいなという印象を多少は持ってしまいますよね。また、出会いに対してガツガツし過ぎているという見方もされてしまいます。

合コンが苦手=真面目な男性という好印象を与える

合コンが苦手な男性だとチャラい、軽い男だという悪いイメージを持たれることはありません。

むしろ「合コンは苦手であまり行かない」と言うと、真面目でいい人だという好印象を抱いてくれますよ。

女性としては、合コンにばかり行っていた男性と付き合ったら、恋人になった後もそういった飲み会に参加をするのではないかと心配になってしまう事も良くある話です。真面目な出会いを探している女性からしたら、むしろ合コンが苦手という男性の方が求められているといえるのです。

なので、合コンが苦手ということを気にする必要はなく、むしろ自分のアピールポイントとして考えておくと良いですよ。

合コンに参加をするよりコスパの良いマッチングアプリで出会いを探そう

合コンのような男女の飲み会に参加をするのが苦手なら、他で出会いを探しましょう。

こうした合コンに参加するよりもコスパが良く効率的に出会いを探せるのがマッチングアプリです。マッチングアプリなら大人数で飲み会をするのが苦手な人にとっても抵抗なく利用することが出来るでしょう。

コストの面でもマッチングアプリは合コンより優秀です。合コンで割り勘というのはほぼ無いはずです。ほとんどの場合男性が多めに出すか、男性がすべて奢るかです。そうなると1回の合コンで最低でも5000円~6000円の出費があるはずです。高い場合は1万円以上の出費となるケースもありますね。これに月に何度も参加していたら合コンだけで数万円の出費となりますし、女性とのいい出会いが無ければお金の無駄となってしまいます。

それに比べてマッチングアプリは月額3000円前後で利用できるので、合コンに比べてよっぽどコストが安く済みます。それに加えて確実に合コンよりも多くの女性と出会えるので、合コンが苦手な人は迷わずマッチングアプリを利用するべきなのです。

合コンが苦手な男性はマッチングアプリで出会いを探すべき

合コンが苦手という男性は意外にも多いです。

そういった男性は男女の飲み会以外だと女性との出会いが無いと落ち込む必要はありません。むしろ合コンはコストがかかる割に結果が伴わないケースが多く、あまり効率的とは言えません。女性も合コンにばかり参加している男性には良いイメージを持ちませんよ。

それより、合コンに比べてコスパが良く多くの出会いを見つけられるマッチングアプリを使うことをオススメします。

特にPairsは会員数が非常に多く、合コンに比べてもはるかに出会いを見つけやすいです。可愛い子や美人な女性も多く利用しています。

Pairsの特徴
会員数が1000万人以上しており数多くの出会いを見つけられる
真剣に恋活・婚活をしている女性が大勢いる
セキュリティも万全なので安心して利用できる
サクラや業者がいない

コメント

タイトルとURLをコピーしました